トップ > インターネットバンキングをご利用のお客様へ
貯める借りる保険商品サービス

インターネットバンキングをご利用のお客様へ

 近年インターネットを用いた金融犯罪が増加しております。お客さまにおかれましても、こうした被害に遭われぬようご注意願います。

フィッシング詐欺について

 最近、金融機関であるかのように装った電子メールを不特定多数のお客さまに送付し、金融機関のものに似せたホームページ(偽サイト)へ誘導して利用者番号やパスワード等の重要情報を入力させ、取得するという詐欺事件が発生しております(フィッシング詐欺)。

被害にあわないためには

 フィッシング詐欺もウイルス同様に、日ごろの心がけと対策が重要です。
  1. 信頼できないウェブサイトや不審な電子メールに掲載されたリンクはクリックしないでください。
  2. 利用者番号やパスワードを入力するページは全てSSLを使用していますので、ウィンドウ下部(ステータスバー)にカギのマークが必ず表示されます。
  3. 法人インターネットバンキング(電子証明書方式)のEVSSLサーバ証明書を導入しております。詳しくはこちら

スパイウェアについて

 他の金融機関において、スパイウェア(※)等がお客さまのパソコンに不正にダウンロードされることで、お客さまのパソコンからパスワード等が不正に入手され、お客さまの預金が第三者に不正に振り込まれる被害が発生しております。

 インターネットバンキングをご利用のお客様は下記の注意点をご理解いただきご確認のうえご利用をお願いします。

※スパイウェアとは
スパイウェアは、パソコンに保存されている個人情報や入力したキーワード等を、お客さまが気付かないうちに収集して、インターネット経由で送信してしまうソフトのことです。
 スパイウェアが侵入すると、次のような現象が起こることがあります。
  • Internet Explorerに見覚えのないツールバーが追加される。
  • Internet Explorerのホームページが書き換わる。
  • 意図しない広告サイトが表示される。
  • 複数のポップアップウインドウが開く。
  • コンピュータから外部へ情報が送信される。
  • 自動的にインターネットへ接続され、ファイルがダウンロードされる。
  • デスクトップやお気に入りフォルダ内にアダルトサイト等を示すリンクが追加される。

被害にあわないためには

 スパイウェアもウイルス同様、日ごろの心がけと対策が重要です。侵入されないためには、次のことを心がけてください
  1. お心当たりのない電子メールを安易に開いたりしないでください。
  2. 見知らぬWebサイトからフリーソフトなどをダウンロードしないでください。
  3. セキュリティ警告が表示された際にはよく内容を確認し、内容がわからなければ、「いいえ」を選択してください。
  4. Windows Updateを定期的に実行してください。
  5. セキュリティ対策ソフトを定期的にアップデートしてください。
  6. 不審なサイトへアクセスはしないでください。
  7. 図書館やインターネットカフェ等の不特定多数の人が触れる機会のある場所に設置されているパソコンを使ってのお取引は、差し控えてください。
  8. スパイウェア対応のウィルス対策ソフト等をご利用いただき、パソコン内に無許可の(悪意の)スパイウェアが存在しないか定期的なチェックをしてください。
    (スパイウェアの詳細や対策方法は専門のサイト等でご確認ください。)

ファイル交換ソフトについて

 他の金融機関において、Winny(ウィニー)等のファイル交換ソフト(※)を通じてコンピューターウイルスに感染し、お客さまのパソコンからインターネットバンキングのパスワード等がインターネットを経由して外部に流出し、お客さまの預金が第三者に不正に振り込まれる事件が発生しておりますのでご注意ください。

※ファイル交換ソフトとは
不特定多数の第三者間で、パソコンのファイルを交換できるソフトです。ファイル交換ソフト自体はウイルスではありませんが、交換されているファイルにスパイウェア等が含まれている可能性があります。

銀行を装ったCD-ROM送付について

 他金融機関において、インターネットバンキングご利用のお客様向けに金融機関を偽装した「CD-ROM」が郵送され、インストールしたところ、インターネットバンキングのパスワード等が不正に入手され、お客様の預金が不正に振込されるという悪質な事件が発生しております。

 当金庫では、CD-ROMをお送りすることは一切行っておりませんので、万一、当庫名で送られてきた場合は、CD-ROMをパソコンで読み込まないようご注意のうえ、当金庫までお問い合わせください。

不審なPDFファイルを添付した電子メールの送付について

 最近、不審なPDFファイルを添付した電子メールが送付される事象が発生しております。

 当該PDFファイルには、不正なプログラム等が仕掛けられており、ファイルを開くだけで不正なプログラムが実行され、お客様のパソコンに保存された情報が盗まれるなど各種問題が起こる可能性があります。

 万が一、不審なPDFファイルが添付された不審なメールを受信された場合は、添付ファイルを開かないようにご注意下さい。

 なお、本事象の詳細につきましては、アドビシステム株式会社のホームページに掲載されておりますのでご覧下さい(同社脆弱性識別番号:APSA08-01)。アドビシステム株式会社のページは→こちらからご確認ください。

 また、アドビシステム株式会社では、最新バージョンへのアップデートにより回避できることが報告されており、最新バージョンへのアップデートが推奨されておりますのでご検討ください。

 最新バージョンへのアップデート方法につきましては、→アドビシステム株式会社のページをご覧ください。

還付金詐欺について

 他の金融機関において、公的機関等の職員を装い、ありもしない還付金の発生を口実に、お客様にあらかじめパスワードを記入した申込書を送付し、新たにインターネットバンキングの利用申込みをさせ、利用が可能となった預金口座から不正に現金を引き出そうとする事例が発生しています。

 インターネットバンキングのご利用の際は、他人から勧められるのではなく、自らのご判断でお申込み頂くとともに、パスワードはご自身で決めてください。また、パスワードは絶対に他人に教えないでください。

 また、あたかも公的機関等の職員であるかのように装った不審な電話には、くれぐれもご注意ください。

パスワードの管理について

 最近、インターネットバンキング等のパスワードを他人に不正使用され被害にあうケースが発生していますので、以下の点についてご注意ください
  1. パスワード等は他人に知らせないでください。
  2. 生年月日、電話番号、住所・地番、自動車等のナンバーなど他人に推測されやすい番号をパスワードに使用しないでください。
  3. パスワード等をパソコンのファイルやメール等に保存しないでください。
  4. パスワード等は、メモ等の紙に残さないようにしてください。
  5. インターネットカフェなど不特定多数の人が利用する場所のパソコン等で、インターネットバンキング取引を行わないでください。
  6. 九州ひぜん信用金庫からメール等でお客様のパスワード等をお聞きすることはありません。

パソコンのセキュリティについて

 その他のインターネットバンキングを利用した金融被害に合わない為にも、次の対策を行ってください。
  1. OSのアップデートを定期的におこなってください。
  2. アンチウィルスソフトを利用してください。また、アンチウイルスソフトは最新の状態を保ってください。

カーライフプラン
教育プラン「春一番」
教育カードローン春一番
多目的ローン フリーダム
しんきんきゃっする
ひぜしんビッグカードローン
リフォームプラン
個人ローン
第4回しんきん合同商談会
第3回しんきん合同商談会
BUSINESS SUMMIT ONLINE

Get Adobe Reader
PDF形式のファイルをご利用になるためには、
Adobe Reader(無償)が必要です。

九州ひぜん信用金庫
金融機関コード:1933